外壁塗装

外壁塗装の役割は外観の美しさを維持するだけではなく、雨風や紫外線といった自然現象から外壁を保護する役割もあります。

外壁は、直射日光や雨風などの影響を、日々受け続けてくれています。
そのため、定期的なメンテナンスが欠かせません。

約10年を目安に外壁塗装を行い、住まいの耐久性を低下させず維持させましょう。
また、お住まいの外壁にひび割れや塗装の剥がれといった症状があれば、できるだけお早めに塗り替えをご検討ください。

このような症状はありませんか?

■触ると白い粉が付く

■外壁が色あせている

■小さなひび割れがある

■塗膜が膨れたり、剥がれている

■サビ、コケ、カビが発生している

など

このような症状が見られるようなら、外壁塗装のタイミングです。
できるだけお早めに塗り替えをご検討ください。

塗装の効果が低下すると?

■防水機能が低下

外壁塗装の本来の目的は、風雨や紫外線などから外壁を保護すること。
塗膜が劣化して、効果を十分に発揮できない状態だと、外壁材そのものが大きなダメージを受けてしまいます。
傷んだ部分をそのままにしておくと、雨などの水分が建物に浸入して雨漏りの原因になります。
定期的な塗替えで防水機能を保つことが大切です。

■ひび割れの発生

劣化が進行し、酷い場合には外壁がひび割れてしまうケースもあります。
髪の毛ほどの細かなひびでも、水分は建物内に浸入してくるので要注意です。
また、ひびから浸入した水分が気温の寒暖差によって、収縮と膨張を繰り返し、さらにひびを大きくしてしまう場合もあります。

■躯体の劣化と腐食

下地まで水分の浸入を許してしまうと、次第に鉄部は錆びて木部は腐食してしまいます。
こうなってしまうと、建物全体の耐久性が著しく低下してしまうため、優れた安全性があるとは言えません。
さらに、シロアリ発生の原因に繋がりかねません。
ここまでくると、早急に塗り替えが必要になってきます。

外壁塗装に使用される塗料

■ウレタン系塗料(耐用年数:4~7年)
■シリコン系塗料(耐用年数:6~10年)
■ラジカル系塗料(耐用年数:8~14年)
■フッ素系塗料 (耐用年数:15~20年)

外壁塗装において塗料選びは非常に重要です。
塗料によって、耐用年数や特徴は異なります。
満足いく仕上がりにするためには、劣化の症状や施工の目的に合わせて最適な塗料を選ぶことが大切です。

関連記事:
外壁塗装で重要な塗料選び!4種類の塗料を紹介!

施工ギャラリー

もっと見る

塗装工事のことなら伊東塗装

【TEL】0572-59-1581
【所在地】岐阜県土岐市肥田町肥田287-198
【メール】お問い合わせ≫
【対応エリア】多治見市をメインに東濃地区と愛知県名古屋市近辺対応可能

一覧ページに戻る

無料お見積・ご相談はこちら